プロフィール

フォトアルバム
ビストロブールブラン

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

2018年10月30日 (火)

アナグマのブイヨン!!!!!!!!!!!!!

123b6badd8db400da253036a070e6fab


アナグマのブイヨン!!!!!!!!!!!!!
夜仕掛けて、朝になったら自然にアクなくキレイにダシが引けています。これを僕は「ブルギニオン戦法」と勝手に名ずけているのですが…(笑)
アナグマのフォンは本当に美味いです。
これを煮詰めてソースの核にします。
骨についた身も全部リメイクして使いきります。
もし、野生ジビエでなければ、こういう気持ちにはならないでしょうね✨
おい!アナグマちゃんよ!
俺が絶対お前を美味くしてやるぜ‼️

2018年10月29日 (月)

発酵ピオーネ!!!!!!!!!!!!!!

 

Ff1c90441c184cc98e6cbfc26c011afe

023cbf72e3af4f19a05d53e7f93bb849



発酵ピオーネ!!!!!!!!!!!!!!
これで3年目の発酵ぶどう作り
砂糖やハチミツなどを添加して発酵促進してました。なぜなら失敗リスクが少ないからです。
今年は一歩進んで、塩でやっています。
お漬物の原理ですが、塩分が少ないので失敗するかものギリギリのデータを取りながらやっているところです。
僕が欲しいのは発酵したぶどうのエッセンスです。
自然の甘みと塩味、酸味のエッセンスはバツグンの調味料になります。
自己満かも〜〜(笑)

2018年10月28日 (日)

貴重ジビエ、備後産アナグマ!!!!!!!!!!!!!!!

D7f43c7516274c82ba151eb86de872d6

651fd24631894481b64aae5bd8f1e70a


「貴重ジビエ、備後産アナグマ!!!!!!!!!!!!!!!」
当店もジビエを開店から始めて14年目のシーズンになります。国内はもとより全世界から素材を扱ってきましたが、そろそろネタは尽きたかな〜〜とか思っていました。
そのなかで、ここ数年 料理専門誌ジビエ特集にたまに、誇らしげに出ているのがアナグマです✨
「なんだそれは?まず俺はそれ食った事ねーし…」
とか思いながら業者さんに問い合わせても、貴重食材で一般流通してなくて高級、お取り扱いがないとの事。
「ま、いっか…そういうタイミングなのね」
とか思って、ヒグマの方向を攻めていたここ数年です(笑)
しかし、この秋、僕にとって劇的な事が起こりました。
備後ジビエ製作所という、地域のジビエ食材を的確かつ迅速安全に処理熟成する会社が福山にできたのです。
そこのイノシシを食べたら、まあ美味しい。灯台下暗しとはこの事です。
アナグマが、今まで流通していないのは、扱う施設とスキルのある人材がなかったという事です。
備後ジビエ製作所はすでに東京や関西の有名料理店とお取引があるとの事。
福山近郊のジビエがそういうクオリティがある事に驚きます。
ともかく、ウチに念願のアナグマちゃんが来ました。これは井原の某ぶどう農園でピオーネやシャインマスカットをメッチャ食べてたらしいです。
アナグマ料理を調べると、鍋、すき焼き、しゃぶしゃぶ、炙り焼きなど、基本薄切りにして濃いめの味付けをした調理するのがほとんどです。
それはわかります。ズバリ食べやすくなるからです。
僕はもっと違うアプローチを今模索研究しています。厚切りでジューシーなローストを食べてみたいというロマンがあります。
そもそも、ジビエは人間が食べるために生まれてきたわけではありません。
僕的にはそれを手を何発も加えて家庭でマネできない感動の味にするのが、プロの仕事であり、おもしろさであり、料理の稽古であり、醍醐味であり……らしさかもしれません。

2018年10月27日 (土)

ベカス2018!!

Ab808896ff0e453ba7944b371e6fcebd

B8d4b55e9d6e41a59e61622bc58214fd

7f88bec96f3b4d2f99cfdc4bdfe45bcf




「ベカス2018!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ジビエのシンボルであり、王様と言われるこの食材。
興味のない方はともかく、フランス料理人なら憧れの食材ベカス。
なぜなら、超貴重であり、ジビエの中でも最も難易度が高く、ハートを要するのがベカス。
ブールブランでもありがたい事に毎年、扱えるようになりましたが、いつもドキドキしています。
いろいろな人の考え方や手法があると思います。
僕は49歳にしてハナタレ小僧ですが、ベカスのポテンシャルを生かすためには、まずは内臓を生かす事。
腸にその旨さがあるので、内臓付きでローストし、肉に腸の風味を移します。肉をさばき、中からスプーンで内臓をかき出し、包丁で叩いてカナッペに。骨とコニャックでだしを引き、フォアグラと腸でコクをだしソースに…
ああ……全てが報われる味です。
クラシックは素晴らしいなぁ….。
創作好きな僕ですが、ベカスは基本に添います。
まだまだ勉強する事が多く、いつもいろんな事を教えてくれるのもベカスです。
超完全予約制です。それでも入手できるかはわかりませんが、官能的な世界をぜひ。

2018年10月14日 (日)

伝説のレストラン、ピラミッド

A74329c1b2614dc2948381a1c813e0c0

7c416add7ba84087a7bfbafcc34f75df



伝説のレストラン、ピラミッドのシェフ、パトリックアンリルー氏の講習会に✨
非常に共感できる考え方で、濃密な素晴らしい時間でした。ファンになりそう❤

2018年10月13日 (土)

セオリーを疑う!!!!!!!!!!!!!!!!!!

B058880ae65d46eaa1a6dc4c55d843be

8c4ae0df0f5946c8ac8473b4d389053c



早くもジビエの筋や骨がたまったので、朝からコンソメ製作中✨

フランス料理は無駄なく素材を使い切るというのが鉄則。特にジビエは自然をいただく意味でも、生かし切るというのが、命への敬意の表し方だと思います。
毎年、いろんな事を思いながらやらさせていただいてますが、たとえ同じ料理でも、新しい手法でチャレンジしています。
基本のコンソメスープは、通常、鳥系のものでブイヨンをひき、冷まして脂を除去した後、牛肉や鹿など四つ足系の赤身肉と卵白で澄ませるのが、セオリー。

今回のジビエコンソメは、まず
熊、鹿、イノシシ、ウサギなど四つ足系の骨や筋だけで、フタをして12時間かけてブイヨンを引きます。
冷やして脂を除去して、雷鳥、鴨、キジ、鳩、山ウズラ等の骨、筋、そして腸を除いた、肺などを含む内臓ごとサーモミックスで回し、香味野菜で澄ませました。
野鳥の風味を全面に出したかった。血液による凝固作用で不純物は吸い取るのではないかと思いました。

これもタブーな事で、昔、修行中、ブイヨンをとるのに鳥ガラから血や内臓は全部水でキレイに洗えと鬼のような先輩に怒られました。液体が濁るからというのが理由です。
洗浄不足で肺が残ってた時には、「クサなるやろ‼️」と先輩に鳥ガラでぶん殴られた記憶もあります(笑)

それはわかります。でも野生を生かし切りたいなと思った。
ジビエ内臓はいつもはソースに入れたり、発酵調味料にしたりしてますが、軽くしたいなと思ってやってみた。

そしてジビエコンソメの仕上がりのその味は、
どこまでもクリアな澄んだ味。全く臭みゼロ。でも濃厚ではない。自然の旨味をキレイに引き出した気はします。
印象では、プロセス変わって、結果同じような気もします。調味すれば確実にもっと美味くなるし、これはこれで、オールマイティに使えそうです。

セオリーは理解した上で、軽いノリでいろいろやっています。新しい発見があってうれしい。
また失敗も数知れず。だからクラシックはそうするのねと理解が深まり…「いったい最初にこれを考えたヤツは誰なんだ?スゲーな!」
フランス料理ってスゴいなと感動してしまいます。
今日もまた1つかしこくなりました。これが楽しくて料理をやっています。
ささやかな喜びですが、最高です‼️

2018年9月29日 (土)

キジのリエット!!!!!!!!!!!

98f8648865a244b9b8fa7fdfdbdf171c


キジのリエット!!!!!!!!!!! カープが忙しくて、プロセスの写真を取りはぐってしまった!

何でこんな事するの?って自分でも思う。ローストすれば普通にメチャ美味い素材なのにグチャグチャにして…
このキジは昨シーズン、今シーズンのこの時の為に狙って熟成させて真空冷凍しておいたもの。
フォアグラ入れれば美味しいんだろうなと思いつつ、それは普通の発想だし味が負けるのでせず、得意のスパイス入れればパンチがきいて味がしまるんだろうなと思いつつ、熟成させた意味がなくなりそうな気がして塩コショウだけの調味です。キジはその本来のダシが美味いと思っているので…… リエットという粉砕しておいて言うのもあれですが、キジを生かしたい気持ちだけです。そしてそしてこれからどうしよう〜〜

2018年9月28日 (金)

発酵

64388947ad274b88a662419d55535830


食材は全て使い切ります!!!!!!!!!!! ちょっと涼しくなってきました。
何が素晴らしいかというと、料理のやりやすい温度帯になってきたのです。

写真はかぼちゃの種の部分と、栗の渋皮の部分。
本来、使えないです。フツーに捨てちゃう部分です。
でも発酵させると、使えるかもしれないんですね♫
やり方は塩か砂糖を合わせて常温で放置するだけ。
気温が高いと発酵が早すぎ、腐敗になってしまったり、発酵しなかったり。

僕が発酵料理を勉強はじめて3年位。
ねらった味にならないのが魅力で、とても奥深い味になります。
発酵が失敗したら捨てます。失敗が多い!
失敗を恐れず軽いノリで手をつけるのが僕のいいところ(笑)

今朝、出勤したらパンパンに膨らんでました。今のところ成功!
エッセンスをとり加熱して発酵を止めます。素晴らしい香りと味だ✨
自然と時間の力というのはスゴイなあ。
種も皮も乾燥させてローストします。かぼちゃのスープのアクセントに使います。
フランス料理は素材を使い切り、ロスなく手間をかけるのがフランスの精神!
本来ロスの野菜の切りくずなどは、ブイヨンに入れるのが定番だったのが、発酵させる事によりまた違った味になります。
まだまだ勉強中です。おもしろいのでやり続けますよ(笑)
今日は気持ちがいいな♫がんばろ

2018年9月27日 (木)

カープ優勝

3e89704b907441eb870e3ad914927a2b


もらった号外‼️
昨夜は店おやすみいただいてカープに酔いしれました!
オガタもよーがんばった!!

さ、今日から僕もマジメに仕事しよ✨

2018年9月24日 (月)

火曜日

8c3892238cb84070833ede0f5c8c5996


黒毛和牛A5フィレ肉!!!!!!!!!!!!’

今日火曜は定休日ですが、ジビエのせいか日常の仕込みに追われて出勤!
「よく働きますね」と人に言われる。
働き方改革で短時間労働が招請されているけれど、僕にとっては仕事とは

遊びであり学びであり人生のトレーニングであり…
苦楽ばかりだけど僕にはこれしかないので、生きるためにやるしかない。

当店は15年目になりますが、黒毛和牛A5フィレ肉をレギュラーで継続してご用意しております。


時代が変わり赤身肉などの流行になっても、仕入れ値が跳ね上がっても、これを使い続ける理由は、

どストレートにごちそうであり、人に喜ばれているからです。


信頼する肉業者さんには産地は問わず、その時手に入るもので福山で

1番の最高のA5フィレ肉を下さいとお願いしています。

当店はジビエだけではありません(笑)

ビストロブールブラン のサービス一覧

シェフ紹介:
BEST OF MENU
ビストロブールブラン
  • TEL084-922-7707